KAMIGUMI

サービス紹介

CASE Study 4 香港の食品輸入商社A社 政府方針を追い風に、日本から海外への
ワンストップの食品輸出サービスを展開

事例:海外への食品輸出

お客様の課題

  • 日本の農水産物・食品を最適な温度管理で、新鮮なままスピーディに香港へ輸入したい
  • FCL※1だけでなく、キロ単位やパレット単位での輸送をしたい
  • 日本だけでなく、海外の煩雑な通関手続きや納品先への配送まで、一貫輸送体制の整った輸送業者に任せたい

※1 FCL : コンテナ1本に足りる貨物

上組のソリューション

  • 豊富な青果物輸送のノウハウを活かし、迅速な国内集荷・適切な温度管理で安全・高品質な輸出を実現
  • 航空、海上輸送の双方に対応。海上輸送では冷蔵LCL※2サービスを展開し、少量の輸出にも対応
  • 国内・海外双方で、当社グループが食品輸送のプロとしてお客様をトータルサポート

※2 LCL : コンテナ1本に満たない貨物

アジア諸国を中心とする訪日外国人が増加するなか、各国消費者の購買力の向上とブランド志向の高まりもあり、安全・安心でおいしい日本の果物(りんご、いちご、もも、ぶどうなど)を食べたい、という消費者ニーズがアジア諸国で急増しています。さらに、日本政府が策定した「農林水産物・食品の輸出戦略」も追い風となり、日本の農水産物・食品を新鮮・高品質なまま輸入したいという香港や台湾、アジア諸国のお客様、また、輸出に積極的に取り組まれる輸出商社様が急増しています。

1923年に台湾から入荷するバナナの荷捌きを引き受けて以来、青果物輸送のエキスパートとして豊富な実績を積み、ノウハウを培ってきた当社は、よりデリケートな温度管理やスピードが求められる花卉の輸送取扱いの実績も活かし、日本国内での集荷、航空輸送・海上輸送手配から海外現地での輸入・通関手続き、納入先への輸送まで、当社グループがトータルでサポートするサプライチェーンを構築。国内・海外のお客様にサービスをご提案し、双方のニーズのマッチングを行い、品目ごとの適切な温度管理が求められる青果物を、鮮度・品質を維持したままスピーディに海外へお届けしています。

日本国内では、お客様のオーダーに従って、当社大阪支店 食品輸出室が青果市場や農協、生産者からの集荷と輸送手配を担い、輸出部門である国際物流事業本部が輸出手続き・輸送手配を行います。貨物のボリュームや特性に応じて、航空または海上輸送を選択。航空輸送では当社グループの上組航空サービスと連携し、海上輸送では少量の貨物でも冷蔵LCLサービスを利用して、鮮度を保ったまま香港に輸送。当社グループの上組(香港)有限公司が香港での輸入手続きから現地荷捌き・配送手配を行うグループ一貫輸送体制を整え、業界最速のリードタイムを実現。お客様の輸送コストの削減に貢献しています。

今後は、シンガポールやタイなど東南アジア諸国にサービス取扱い拠点を広げるとともに、青果物以外の野菜・米、花卉、魚介類や食品(お菓子、酒類など)の輸出にも対応し、受託可能温度の拡充を図っていくことで、ますます多様化するニーズにお応えしていきます。

冷蔵LCLを含むコンソリサービスのスケジュールはこちら(PDF 797KB)