KAMIGUMI

THE HISTORY

上組の歩み

1867年、神戸港開港とともに誕生した上組は、
港湾物流のパイオニアとして、あくなき挑戦を繰り返してきました。

ここではそんな当社の歩みを創業期から、戦後の再興期、海外進出を果たした拡大期、
そして、港運業者初の単独ターミナル運営を実現した躍進期としてご紹介します。

上組の由来

上組の創業は1867(慶応3)年に遡ります。

同年の神戸港開港とともに、
神戸税関の前身となる「外国人交易の荷物運上所」が設置され、
同所出入りの貨物運搬を命じられたのが上組の前身である「神戸浜仲」でした。
やがて神戸港の発展に伴って作業範囲が拡大し、
1873(明治6)年「神戸浜仲」は地域別に分離、
当社は上方(東部)地域に設けた寄場を中心に貨物運搬を営むことになったことから
名称を「上組浜仲」と改称しました。
これが「上組」の由来です。

創業期

神戸で創業した上組は、東京・横浜・名古屋・大阪・門司の
主要港に拠点を開設し、港湾運送事業の基盤を確立しました。

1867年
「神戸浜仲」として創業
1873年
「上組浜仲」に改称、神戸外国人居留地に寄場新築
1906年
「上組合資会社」を設立
1925年
本店事務所を現在地に移転
1941年
第二次世界大戦開戦、港湾運送事業を統制会社へ譲渡

再興期

国内拠点網を拡充するとともに、陸海空の輸送を担う子会社を設立するなど
サービス範囲の多様化を推進しました。

1948年
大戦終結、港湾運送事業を再開
「上津合資会社」に商号変更
1952年
商号を「上組合資会社」に復元
1961年
自動車運送業務を分離し上組陸運株式会社を設立
1965年
株式会社へ改組、「株式会社上組」の誕生
1971年
東京・大阪証券取引所2部上場(翌1972年1部指定)

拡大期

中国を中心に、アジア各国で拠点を開設し、
国内外の物流ネットワークを拡大しました。

1982年
シンガポールにKamigumi Singapore Pte. Ltd.を設立
1985年
香港に上組(香港)有限公司を設立
1992年
新本店ビル竣工
東京支社ビル(現 東京本社ビル)竣工
1995年
中国に上海上組物流有限公司を設立

躍進期

港運業者初のターミナル単独運営を実現するとともに、東南アジアでのネットワークを拡充。
さらなる成長に向けて、躍進を続けています。

2003年
業界初となる港運業者単独運営の上組神戸コンテナターミナル(KGKT)開設
2004年
神戸に続く単独運営の上組東京コンテナターミナル(KGTT)開設
2012年
香港にアジア統括支社(現 海外統括支社)設置
2014年
ミャンマーでKamigumi-EFR Logistics (Myanmar) Co., Ltd.設立
2015年
インドネシアに当社初の海外自社倉庫竣工