KAMIGUMI

IR情報

株主の皆様へ

国内外において事業基盤の強化を図り、「上組デザイン物流」を推し進めます。代表取締役社長 深井 義博 株主の皆様には、格別のご高配を賜りありがたく厚くお礼申しあげます。
当連結会計年度の物流業界は、輸出入貨物ともに堅調な荷動きではあるものの、受注競争の激化や労働力確保の問題など、経営環境は厳しい状態に終始いたしました。
当社は中期経営計画に基づき、海外においては、カンボジアやミャンマーの港湾ターミナル運営参画によりグローバル・ロジスティクスの強化を図るとともに、国内では、東京港中央防波堤外側ふ頭で新たなコンテナターミナルの営業を開始し、神戸地区に商品センターを新設するなど、業績向上に取り組んだ結果、第79期(2017年4月1日から2018年3月31日まで)における営業収益、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益ともに前期を上回り、増収増益を達成することができました。
株主の皆様におかれましては、今後ともよろしくご支援を賜りますようお願い申しあげます。