KAMIGUMI

採用情報

N.I 国際物流事業本部 京浜事業部 2015年入社

N.I
国際物流事業本部 京浜事業部 国際物流部 物流開発課 2015年入社

真摯さやひたむきさを忘れず成長し、
国際物流の新しい分野を切り拓いていきたい

長い歴史を持ちながら、変革への心意気にあふれるエネルギッシュさが当社の魅力のひとつ

就職活動当初から、物流業界を志望していました。国境を越えた仕事のダイナミックさを肌で感じることができる点や、社会を支える縁の下の力持ち的な役割が私に合っていると感じたからです。当社は、長い歴史と確かな実績を持つ堅実な企業であるという印象を最初に持ちました。当時、長い歴史を持つ企業の変革への心意気に惹かれ、新しい時代を築いていく存在になれるチャンスに魅力を感じました。
良くも悪くも「古い会社」という入社前のイメージは、良い意味で裏切られました。歴史の中で培ったノウハウを大切にしつつ、時代の変化やお客様のニーズをとらえ、どん欲に新しい課題に挑戦していこうというパワーに溢れた職場です。ベテランの先輩や上司も若々しくエネルギッシュで、そういう活気の良さも当社の魅力の一つだと感じています。

N.I 国際物流事業本部 京浜事業部 2015年入社

発想力と行動力次第で、地球のすべてが
活躍の舞台になるチャンスがある仕事!

国際物流事業本部は、世界各地の支店や海外のパートナー企業と連携し、雑貨・食品・飲料から工場・発電所などの産業設備まで、あらゆるモノの国際複合一貫輸送を可能にする物流サービスを提供している部署。私自身も営業として、多様なお客様のニーズに応える「上組デザイン物流」を提案・実現する役割を担っています。まだまだ勉強中の身ですが、初めて見積りから受注、実際の物流手配まで自分で担当し、無事に輸送が完了したときは、心からうれしかったです。今思えば小さな案件でしたが、一つひとつの仕事に慎重に真摯に取り組んだ姿勢やひたむきな気持ちは、今後どんな大きな仕事に挑むときも忘れてはならないものとして胸に刻み、成長の糧にしていきたいと思っています。

物流の知識、世界情勢、さまざまな業界の動向など、知っておくべきことは山ほどあります。ハプニングが発生して頭が真っ白になるようなこともあります。しかし、国際物流の仕事には、そうした努力や苦労を上回る魅力があります。それは少し大げさに言えば、世界中のお客様を相手に、地球上のすべての地域を舞台に働けることです。あらゆる分野の貨物を扱い、どんな場所への輸送も可能にすることが使命ですので、自分の発想力と行動力次第では、可能性は無限です。私自身、常に好奇心を持って視野を広げ、誰も手を付けたことのない分野を開拓し、自分だけの得意分野を持つスペシャリストを目指していきたいと思っています。

学生さんへの、メッセージ

上組をひと言で言えば「質実剛健」な会社です。決して華やかな会社ではありませんが、強固な経営基盤と多くのお客様の信頼に支えられ、どん欲にひたむきに課題に取り組む姿勢が浸透しています。1年間、同期と自社倉庫で現場業務に取り組む研修も、上組ならでは。実際に物流サービスを実現している現場を体験し、仕事の心構えや共に働く仲間への心遣いといった社会人としての基礎を育ててもらえた貴重な時間でした。
私の場合、結果的に自分の志向にぴったりの企業に出会えましたが、それは就職活動を単に仕事を見つける作業ではなく、自分を知る良い機会だと捉えたからかもしれません。皆さんも焦らずじっくりと自分と向き合い、発見した魅力を最大限発揮できる企業を見つけてください!

H.I 重量エネルギー輸送事業本部 重量機工事業部 重量2部重量課 2011年入社

H.I
重量エネルギー輸送事業本部 重量機工事業部 重量2部重量課 2011年入社

物流プロ集団の一員として、インフラを支える大型設備を
世界から日本へ、日本から世界へ確実に運ぶ

海外での製品確認から輸送、搬入先での据え付けまで担当し、
当社の強みである国際複合一貫輸送を体現

私の部署では、発電・変電プラントの設備、産業機器、化学プラント機器、鉄道車両といった大型産業機器の輸送・据付を行っています。私はその中で、プラント設備や風力発電設備の輸送に関して企画・渉外のほか、工事開始後の現場管理を担当しています。関わるモノは、全国各地でインフラを支える設備として使われるものばかりです。それだけに、お客様や関係各所と打ち合わせを重ね、輸送・据付に携わった設備が社会に貢献していることに、大きなやりがいを感じています。今までの仕事で一番印象に残っているのは、韓国から新潟への発電設備輸送作業で、韓国の現地工場に出向いての製品確認から、新潟の発電所建設現場までの輸送を担当したことです。お客様との打ち合わせ、役所への説明、建設現場での調整に奔走しましたが、製品輸送を滞りなく完了でき、当社の強みである国際複合一貫輸送を体現できたことが現在の自信につながっています。

H.I 重量エネルギー輸送事業本部 重量機工事業部 重量2部重量課 2011年入社

経験を糧に、専門知識と現場技術のノウハウを兼ね備えた提案型営業につなげていきたい

もともと当社に入社したのは、さまざまな貨物を取り扱い、豊富な物流実績のある歴史と信頼のある環境の中で働くことで、自分が成長できるのではないかと感じたからです。実際、社内外多くの方と関わりながら、目標を達成していく中で、成長を実感しています。また、入社前に、想像していた以上に輸送設備も揃っており、それらを活用して安全で効率的な輸送を計画することにやりがいを感じています。現在の目標は、これまでの経験を活かし、専門的な知識と現場技術のノウハウを兼ね備えた提案型営業につなげていけるようになること。そのためにも、関係者の意見を取りまとめ、業務達成のための最善策を提案していけるようなスキルも高めなくてはと思っています。

学生さんへの、メッセージ

当社の強みは、陸・海・空の輸送手段を組み合わせることによる国際複合一貫輸送で、さまざまなモノを最適な方法であらゆる場所に輸送できること。ひと言で言えば、物流のプロ集団。各部署の長所を活かし協力することで、あらゆる輸送を可能にできるやりがいが待っています。
就職活動では、あらゆる業界・会社の説明会、OB訪問などに足を運び、自分が入りたい会社、必要とする会社を見つけてください!

N.U 通関部 通関課 2015年入社

N.U
横浜支店 通関部 通関課 2015年入社

あらゆるモノの輸出入に欠かせない
通関という仕事を極めていきたい

自分が携わった申告で、輸入した商品が「日本のモノ」になっていく、やりがい

学生時代に通関士試験に合格し、この資格が活かせる通関部で仕事をしています。最も大事な役割は、税関に輸出入申告をして許可を受けること。許可を受けなければ、輸出も輸入も進められなくなってしまうため、その責任は大きく、船積みや納品の日に間に合わせるスピードと正確さが求められる仕事です。通関士として責任を持って書類を審査し、正しい申告をするには、経験と膨大な知識が必要です。そこで、今は少しでも経験を積むために、早く出社し、書類作りをするようにしています。
やりがいは、衣類などの身近な商品から、高価な機械、何百トンもの穀物まで、あらゆるモノが私の行った申告で許可を受け、その瞬間、「日本のモノ」になっていくことです。また、税関への貿易商品の申告には品目ごとに統計品目番号が必要なのですが、時にこの番号がわからず、さんざん調べ、悩み抜いた末に決めた番号で許可となったときの達成感は格別です。

N.U 通関部 通関課 2015年入社

経験を積み、将来は「通関のことなら何でも聞いてください」と言えるような存在に

今、仕事で一番役立っているのは、学生時代に英語で経済を学び、卒論を書いたことです。当時は大変苦労しましたが、申告に必要な書類は英語で書かれていることがほとんどですので、英語が読めることはとても助かっています。
今の目標は今後5年間で、現在担当している輸入申告に加え、あらゆる種類の輸出通関をできるようになること。そして、10年後には、他の部署に異動していたとしても、「通関のことなら何でも聞いてください」と言えるようになっていたいですね。そのためには、まだまだ勉強しなければならないことがたくさんあります。特に化学分野は苦手で、品目番号を決めるにも四苦八苦している状態ですので、休日も活用して知識を増やしていこうと思っています。

学生さんへの、メッセージ

当社は社名から建設業と間違われることもあり、業務内容をあまり知られていませんが、港湾輸送、重量物輸送、倉庫業など、いずれも事業規模が大きく、かつ歴史も長く、隠れた魅力にあふれた会社です。また、個性が強く、面白い人がたくさんいます。能力の高さや資格の有無よりも、やる気がある人が歓迎される会社ですので、興味を持たれたら、ぜひ説明会に参加してみてください。

R.M 港運事業本部 港運部 2015年入社

R.M
港運事業本部 港運部 2015年入社

貿易の玄関口で、
物流の効率化を任されている責任感と喜びと

現場と協力し、最適な荷役が完了できたときの達成感が、魅力!

当社は、大好きな地元・神戸から発展した港湾輸送業最大手の企業。その事業のスケールの大きさに惹かれ、世界を舞台に展開する物流企業で、さまざまな経験をしたいと思い、入社しました。
今、勤務しているのは、貿易の玄関口である、港のコンテナターミナル。そこで、船荷の上げ下ろし(荷役)を任されていることに責任感と喜びを感じながら、働いています。具体的には、到着予定の本船の動静を確認後、貨物の荷役時間を計算し、時間内に荷役を完了させるためのプラン作成に携わっています。荷役を最適化し、効率の良いコンテナターミナル運営につなげるため、常に現状の把握と次の事態を予測することが求められます。考えたプランで現場が十分に機能しないときもありますが、そんなときこそ、現場と一緒に反省点を洗い出し、改善策につなげるようにしています。そうした積み重ねの結果、いつも以上に効率の良い荷役を完了できたときの達成感が魅力の仕事です。

R.M 港運事業本部 港運部 2015年入社

専門知識を磨き、人とのつながりも大切にしながら、
貿易のスペシャリストを目指していきたい

当社は、現場と事務所の距離が近いため、現場で起きた不測の事態にもすぐ対処でき、お客様の要望にスピーディーに応えられる対応力の高い企業だと思います。私も、経験を積んで対応力を磨き、いずれは、業務も現場にも精通した貿易のスペシャリストになるのが目標です。そのためには、経験を積むことに加え、貿易実務や保税業務などの専門知識をさらに習得しなければと思っています。また、貿易には多くの人との連携が欠かせませんので、人と人のつながりも大切にしていきたいですね。

学生さんへの、メッセージ

私は神戸から発展した企業を業界問わず受け、結果として、さまざまな業界への理解を広げることができました。ですから、就職活動では、少しでも興味のあることにはどんどん挑戦することをお勧めします。ときには、辛いこともあるでしょうが、どんな経験も楽しむ気持ちで!縁があれば、一緒に働けることを楽しみにしています。

H.Y 神戸支店 青果部 2011年入社

H.Y
神戸支店 青果部 2011年入社

人々の食生活を支える青果物を
確実にスムーズに輸送する“縁の下の力持ち”

刻々と変わる状況を把握し、円滑な荷役手配を目指しています

青果部が担っているのは、さまざまな青果物の輸出入と倉庫での保管・管理。その中で、私はキウイとカボチャを輸送する船の荷役手配やコンテナ貨物の作業スケジュールの手配、検品などの品質管理を担当しています。状況が刻々と変わっていく中で船の入港スケジュールなどを確認し、各荷主と連絡を取りながら先の作業スケジュールを決定。現場や作業会社と連携して、作業を円滑に進めていくことが求められています。トラブルの発生などの難しい状況においても、お客様の要望に応えられるように取り組み、うまくいったときにやりがいがを感じます。とりわけお客様に感謝の言葉をいただいたときほど、うれしいことはありません。今後は、仕事の精度をさらに上げ、お客様や部下、後輩から信頼され、会社に貢献できる存在になっていきたいと思っています。

H.Y 神戸支店 青果部 2011年入社

さまざまな角度からお客様の要望に応えていけるのが、当社の魅力であり、強み

入社後、1年間の現場研修は、当社ならではの新人研修です。最初のうちは体力的に厳しかったですが、同期とともに過ごす中で絆を深めることができました。また、私はその後、神戸支店に配属されたので、そのときにお世話になった方々と今も一緒に仕事ができています。
当社は、歴史のある会社ですが、常に時代の流れを読み、新しいことに挑戦しています。また、国内外に多くの拠点を持ち、仕事内容も多岐にわたるため、さまざまな角度からアプローチして、お客様のご要望にお応えできるのが、当社の魅力であり、強みであると思います。

学生さんへの、メッセージ

幅広い業界・業種・会社を見て、自分のやりたい仕事に就けるよう、しっかりと就職活動していただければと思います。

K.N 福山支店 原料部 環境防災課 2015年入社

K.N
福山支店 原料部 環境防災課 2015年入社

製鉄所内における原料品の
スムーズな荷役・運搬を担っています

守備範囲の広さにやりがいを感じています

環境防災課では、製鉄所内における製鉄原料の荷役や運搬業務に関わる環境管理業務を担っています。環境管理とは、原料品の流れを安全かつ円滑に操業するために各エリアに堆積している堆積物を運搬すること。中でも、私が携わっている環境整備という仕事は、原料の荷揚げ施設から高炉までをカバーするなど守備範囲が広く、また、重機車両の種類が多いため作業手法の規模が大きい点にやりがいを感じています。業務においては、安全で効率的な仕事をするために、現場の状況を把握することが欠かせません。そのため、現場の方とのコミュニケーションが大切な仕事です。

K.N 福山支店 原料部 環境防災課 2015年入社

フットワーク軽く、幅広く専門的な知識を身につけていきたい

これまでで最もうれしかったのは、初めて原料品運搬作業の進捗管理を任せてもらい、完遂でき、上司に褒められたことです。逆に辛かったのは、作業中に不測の事態が発生し、期限内にすべての作業を終えることができなかったとき。こうしたことを起こさないためには、臨機応変に対応できる知識・能力を養い、不測の事態を早期解決できるよう、引き出しを増やしていかねばと思っています。目標は、あらゆる業務に精通したオールマイティな存在になること。そのためにも、今以上にフットワーク軽く、幅広く専門的な知識を身につけていきたいですね。

学生さんへの、メッセージ

徹底した現場主義と現場の活性化こそが、当社が躍進している重要なファクターです。入社されたなら、日本の物流の最前線で活躍できるさまざまなフィールドが待っています。面接では、ぜひ元気よくハキハキと自己アピールをしてください。

R.Y 海外事業本部(タイ駐在) 2013年入社

R.Y
海外事業本部(タイ駐在) 2013年入社

日系企業のグローバル展開を支える
海外事業をさらに拡大させていきたい

早くから海外で仕事ができるフィールドに憧れて、入社しました

当社を知ったのは当時のテレビCM(https://www.kamigumi.co.jp/company/movie.html)。食品の輸出入に関する映像でしたが、国際物流を行っているこの会社なら、大学で学んだ英語や外国人と触れ合った経験を活かせるのではないかと思い、入社を志望しました。早い段階から海外で仕事をするチャンスがあると聞いたことも、決め手になりましたね。
入社前は、大きな船で大量の生鮮品や巨大な貨物を輸送するといった物流スケールの大きさに目が行きました。しかし、実際に入社してからは、現場研修を通じて、日用品の倉庫保管業務や国内輸送の現場を経験し、自社の現場の作業力の高さを知り、上組ならではの魅力を感じています。輸出入手配等の日常業務では、事務所で仕事をすることが多いですが、先輩を含めみんなが物流の“現場”を大切にする“現場主義”を持っているのが、上組という会社だと思います。

R.Y 海外事業本部(タイ駐在) 2013年入社

お客様と直接向き合い、プロジェクトの成功を
喜んでいただけることが、最大の魅力!

1年の現場研修を終えた後、海外事業本部にて海外と繋がりのある業務に携わるようになり、入社2年目にはミャンマーにて約5ヶ月間の研修を経験しました。初めての海外経験ということもあり難しい事もたくさんありましたが、仕事のみならず現地の文化に触れ合うこともできて非常に充実した経験となりました。現在は、ミャンマーでの研修経験を活かし、タイ現地法人の駐在員として事業拡大に努めています。この仕事は情報収集が非常に大切。ですから、商社、建設会社など多種多様な業界の方々と面談した際に得た情報はメモをとり、新聞やインターネットなどで得た現地情勢や日本企業の進出動向などはこまめにチェック・収集するように努めています。
知識や経験が増えるにつれ、やりがいも増しています。中でも最大の魅力は、常にお客様と向き合って仕事ができ、成功したときに喜んでいただけることです。タイからミャンマーに陸送で貨物を輸送するプロジェクトを無事に終え、お客様から「本当に助かりました」と言っていただけたときのことは忘れられません。今後はさらに、海外へ進出するお客様のモノづくりについても理解を深め、お客様の発展に貢献できるような戦略をご提案できるようになっていきたいと思っています。

学生さんへの、メッセージ

入社1年目には新入社員全員での現場研修があり、同期のつながりが深くなります。こうした研修などで生まれる“横のつながり”こそが、当社の最大の強みであり、魅力です。
就職活動中は実際にどんな仕事をするのか分からず、不安に思うこともあるでしょうが、当社はもちろん、どんな会社に入っても、努力する意識さえあれば必ずやりがいのある仕事に就けると思います。健闘をお祈りしています!

A.F 本店人事部付(新入社員研修) ※現所属 神戸支店 2016年入社

A.F
本店人事部付(新入社員研修)※現所属 神戸支店 2016年入社

1年間の現場研修で得たことを糧に、
常に成長し続けていきたい

物流の現場を肌で感じることができ、毎日が発見の連続でした

当社では入社後、全員が倉庫などの現場で実作業を体験する現場研修を受け、私もほぼ1年の研修を終えたところです。青果や穀物、衣類などさまざまな製品のコンテナからの荷下ろしや積み込みなどを、現場で働いている方々とともに行うことで、将来、どんな業務に就いても必要な「現場」の知識を得ることができました。営業の方や荷主の方と接する機会もあり、毎日が発見の連続。輸入された製品がどんなルートで市場に出ていくのかなども知ることができ、貴重かつ、とても魅力的な研修でした。
振り返ると、1年間の研修は自分を大きく成長させてくれたと感じます。研修が終わるころには、最初の頃に比べ作業がスムーズにできるようになったことはもちろん、3か月間、研修班のリーダーを務めたことで、自分がすべきことを整理してから先を読んで物事に取りかかることの大切さなど、多くのことを学びました。報告・連絡・相談による情報共有や、予習・復習の重要性など、ほかにも研修を通じて学んだことを、今後の業務に活かしていきたいと思っています。

A.F 本店人事部付(新入社員研修) ※現所属 神戸支店 2016年入社

多方面で活躍している若い先輩に続き、
いずれは海外で勤務してみたい

モノがある限り、物流という仕事がなくなることはありません。これからの時代にあった物流をつくっていきたいと考え、物流業界を志望しました。業界初の港運業者単独のコンテナターミナル運営を実現させるなど、他社にはない魅力を感じたのが、当社。約150年という長い歴史の中で培った技術やノウハウを持った、港運物流のリーディングカンパニーで自分を成長させたいと、入社を志望しました。入社して感じたのは、想像以上に若い社員が多方面で活躍していることです。私自身もチャンスを掴み、できれば海外で働いてみたいですね。多様な考え方やバックグラウンドを持つ人と働くことで価値観を広げられると考えるからです。将来的には、自分の持ち場でプロフェッショナルになることが目標です。

学生さんへの、メッセージ

数え切れないほどの会社があり、迷われると思いますが、各社の特徴や強みを見極め、自分が輝けると思える環境を見つけてください。上組ではどんな部署でも、さまざまな人と関わりながら仕事ができるので、柔軟性のある対応力や協調性が養えると思います。また、挑戦し続けることで、若くでも多様なフィールドで可能性を広げることができる環境がある会社です。

前へ
次へ